アルティミット工法とは

推進工法は従来の開削工法に比べ、道路上の占用が少なく、工事公害の少ない工法として数多く、施工されてきました。
しかし、都市機能の発達により、地下には多くの埋設物が存在し、地上では構造物が増え作業基地の確保が難しくなりました。
このため、推進工法も長距離化・急曲線化が求められ、それらをいかに高精度・低コストで実現出来るか、また周辺環境への配慮も重視されるようになっています。

そのような問題に対応した”究極(ultimate)”の工法が、超長距離急曲線推進システムの『アルティミット工法』です。

これまでの直線推進工法は、距離の延長に従い増大する推進力(周面抵抗力)を克服できず、長距離推進を困難にしてきました。
曲線推進においても、接続する推進管の端部が接触して破損したり、推進管が計画曲線の外側へせり出すなどの諸問題がありました。
『アルティミット工法』はこれらの問題を「特殊拡幅リング」「アルティミット滑材注入システム(ULIS)」「曲線造成補助ジャッキ」「センプラカーブシステム」などの採用により解消し、従来の工法では困難であった超長距離・急曲線推進施工を”低推進力””高精度”で実現しています。

また近年、下水道整備は大都市から地方都市へ、管径も小口径へのニーズが増大しています。
それらの要望に応えるべく大中口径管での経験・技術と、アルティミット工法のシステムを用いた小口径アルティミット工法を誕生させました。

工法の分類(適応管径)




大中口径管
推進工法
密閉型
推進工法
泥水式
推進工法
アルティミット工法
泥水式
800~3,000mm
土圧式
推進工法
アルティミット工法
土圧式
1,000~5,000mm
小口径管
推進工法
高耐荷力管
推進工法
泥水式
(1工程)
小口径アルティミット工法泥水式400~700mm

アルティミット工法について

特長としては、環境保全、超長距離推進、急曲線推進、高品質・高精度があげられます。これらは、機動建設工業が長年培ってきた推進技術を活かした各種システムによって裏付けられています。アルティミット工法はこれらのシステムを組み合せることによって様々な制約条件を満足させる推進施工ができます。
また、各種システムを組み合わせることにより、トータルコストダウンを実現しました。

大中口径のアルティミット工法の特長

超長距離推進対応システム

先端抵抗力と周面抵抗力が低減され、超長距離推進を可能にしました。

アルティミット滑材注入システム
面盤選択システム
ダブルカット方式
コーン内洗浄機構
特殊拡幅リング

急曲線推進対応システム

急曲線・連続曲線の推進において低推力・高精度施工を実現しました。

急曲線用特殊継手
急曲線造成システム
センプラカーブシステム

高品質・高精度対応システム

各種計測システムを適宜使用することにより、高品質・高精度のライフラインを提供します。

モールキャッチャー
リアルタイム計測システム
自動測量システム
中央集中管理システム
アルティミット泥水式掘削管理システム
ステーションシステム
テールボイド測定器

小口径アルティミット工法の特長

超長距離推進対応システム

専用滑材 アルティ-K
コーン内洗浄機構
特殊拡幅リング

急曲線推進対応システム

センプラカーブシステム

高品質・高精度対応システム

モールキャッチャー
リアルタイム計測システム
中央集中管理システム