電磁誘導チェック測量システム(モールキャッチャー)

電磁誘導現象を利用して、これまでシールド及び推進工事では行えなかった地上でのチェック測量を可能にしました。
掘進機またはヒューム管に取り付けた発信器の位置を、地上の受信機で検知することで掘進機の位置を測定する装置です。

モールキャッチャーの特徴

  1. 推進延長に関係なく一定範囲の 測定精度が確保できます。
  2. ボーリング孔は不要です。
  3. 高ノイズ下での測定も可能です。
  4. 適用土被りの範囲は最大10m程度です。
  5. 測量に要する時間はごくわずかです。

リアルタイム計測システム

推進精度をリアルタイムで自動計測することにより、測量の簡素化・高精度維持を行い、工期の短縮を図るシステムです。

液圧差レベルシステム

ジャイロコンパス

中央集中管理システム

立坑及び機内状況をモニターや各計器類を通じ監視し、一元化した遠隔操作を容易かつ正確に行うことを可能にしたシステムです。